FC2ブログ

お買い得でした

ところで皆さん、スコット・ピルグリムという漫画をご存知でしょうか?
こんなんです↓
scott_pilgrim01.jpg
簡単に言えば、海外コミックですね
おそらくアメコミ?なんでしょうけど、原作者はカナダ出身とかなんとかで、よくわかりません
アメコミにはあんま詳しくないので…
ところが、このスコット・ピルグリムという漫画は海外でもかなりの人気を博したようで、実写映画化もされてます
また、その人気のおかげで日本でも翻訳版コミックスが発売されました
もともとは全6巻のコミックスだったそうなのですが、日本での発売に伴い2冊ずつ合体されて、日本語翻訳版は全3巻となっています
これまたなかなか面白いらしく、「アメコミを知らない人でも楽しめるアメコミ」なんて話を聞き、壱原も興味を持ち始めました
まぁ興味を持つまではいいんですが、問題はそのお値段
1冊2000円(1巻のみ1900円)という興味本位で読んでみるにはちょっと抵抗ある額で、中古で探しても200~300円程度安くなっただけ
そもそも、新品はおろか中古ですらなかなか見つからなかったので、やっぱり日本でも人気のコミックスなんでしょう

ところがつい先日、普段からよく通っている地元で唯一の古本屋にて、日本語翻訳版が3冊とも入荷されてたんですよ
1冊なんと200円
ちょっと、大丈夫か店員さん!?
裏に思いっきり「定価2000円+税」って書いてあるよ!?
っていうか、200円で売っていたってことは、買い取りはもっと安かったってことだよな?
元の持ち主もよくその値段で売ったもんだよ

ともあれ、ずっと気になっていたコミックが定価の10分の1という破格のお値段で裁かれていたので、いてもたってもいられずに購入しました
まだ全部読んでないのですが、第一印象は…
scott_pilgrim02.jpg
でかい
比較対象に「らき☆すた」の既刊8冊を並べてみましたが、それよりもブ厚い

あと、事前情報として「原作者は日本のゲームやコミックにかなり影響を受けている」とあったので、どんなもんかと思いながら読み進んでいったら、
「逝ってよし」とか「氏ね」とか、影響どころか実は日本人じゃねーのか?と思わせる描写が多々ありました

うーん、これはいい買い物をしたなぁ
スポンサーサイト



とある鬼畜の電子歌姫

プロジェクトディーバ史上最凶最悪の鬼畜譜面、「初音ミクの激唱」が登場して早2年…
ようやく完走できるようになりましたが、
gekishou01.jpeg
この始末
クリアレーティングまで1%足らずにこの有様
ビーマニで例えるなら、ノマゲで完走時に78%でギリギリクリアできずに「キーッ!!」とハンカチを噛み千切りたくなるような気分に似ています
ね?悔しいでしょう?

ちなみに、COOLとFINEが622以上でクリアなので、上だと2つ足らず、下だと4つ足らず
なんだこれ、新手の嫌がらせか?
どっかで m9(^Д^)プギャー とか言ってんじゃないだろうな?
そんなの嫌よ嫌よ、と、そこから更に40回ほど連奏した結果…
gekishou02.jpeg

*     +    巛 ヽ
            〒 !   +    。     +    。     *     。
      +    。  |  |
   *     +   / /   イヤッホオォォォォォォォウ!!!!
       ∧_∧ / /
      (´∀` / / +    。     +    。   *     。
      ,-     f
      / ュヘ    | *     +    。     +   。 +
     〈_} )   
        /    ! +    。     +    +     *
       ./  ,ヘ  |
 ガタン ||| j  / |  | |||
――――――――――――

スタンダードクリアですけどね
コンボ400越えたし、スコアも50万点越えたので、しばらくこの曲は放置しましょうか
果たして、この曲をパーフェクト取れるときは来るのだろうか…?

かっこいいオッサン

なんか早くもMTGのイニストラードブロックの第2弾、「ダークアセンション」の情報がチラホラ出始めたそうで

sorin.jpg
ソリン(と思われる人物)がイケメンすぎて濡れる

イニストラードではリリアナ姉さんが主役でしたが、次回はソリンが主役なんでしょうか?
早くも楽しみになってきました、うへへ

傍観者としての意見

なんか、アニメ監督の押井守氏の発言が波紋を呼んでいるそうですね

「今のアニメはコピーのコピーのコピー」
「表現といえない」
「オタクの消費財と化し表現の体をなしていない」


これに関して壱原の個人的な意見としては、「何とも言えない」といったところですね
そもそも、アニメよりはコミック派だし
まぁ、俺の個人的な意見なんてどうだっていいですよね
ただ、コレだけは言えます

ツイッターとかでアンチ発言して炎上→自爆するバカとは一線を画している

47

47
この数字を見てすぐにピーン!と来た人とはいい野球トークができそうです

kudo.jpg
実動29年という途方もない記録を打ち立てた工藤 公康(くどう きみやす)投手が、ついに引退を発表しました(もちろん、実動29年は日本記録)
あくまでも現役続行を望み、あがき、あがき続けた漢の現役野球人生もついにピリオドです
今後の進路はまだ未定だそうですが、ベイスターズの新監督の候補になっているとかなんとか
今回は、そんな工藤の深イイ話を

【後輩想いな工藤】
1987年、当時工藤の所属していたライオンズは、巨人と日本シリーズで激突
3勝2敗とリードし、優勝まであと一歩と迫った9回ツーアウトいうところで工藤はある選手のある状況を目撃し、このままでは正常なプレーができないと判断
そして工藤はその選手の元へボールが飛ばないような配球を心がけ、狙いどおりにバッター・篠崎を外野フライに打ちとり、日本一を決めます
そのある選手のある状況というのが涙を流す一塁・清原和博
当時ライオンズに所属していた清原は、1年前のドラフト会議にて巨人に指名を約束されたにも関わらず指名されなかったというエピソードがあります
そんな自分を裏切った巨人軍に対して、日本一という形で勝利を飾ることができる寸前までこぎつけていたからです

【後輩想いな工藤・その2】
1994年、工藤はFA宣言をしダイエー(現ソフトバンク)へと移籍、1999年の日本シリーズでドラゴンズを下し、ダイエー球団としては初の日本一に大きく貢献します
その年のオフに再びFA宣言をし、「優勝請負人」という大きなプレッシャーの中、巨人へと移籍
おっと、巨人だからって安易に叩くのは少々お待ちを
実は工藤自身もこの移籍に関しては、とある選手の引きとめもあってか相当悩んだそうです
その引きとめた人物こそ、以前にも紹介した故・藤井将雄
工藤は移籍の際に、当時若田部健一と共に若手投手たちのまとめ役であった藤井から「工藤さん、行かないでくださいよ」と懇願されたそうです
悩んだ末に工藤は巨人入り、しかし藤井の病状は一向に良くなる気配はなく(末期癌だったのである意味当然かもしれませんが)、2000年の日本シリーズ直前に藤井は帰らぬ人となります
藤井の死を聞いた工藤は、「病気だと知っていれば、巨人には行かなかったかもしれない」と言っています
その年の日本シリーズはダイエー対巨人となり、両チームの先発投手であった若田部と工藤は、お互いに藤井の遺骨を忍ばせてマウンドに上がったそうです

【記録ずくめの200勝】
2004年8月17日、工藤は対ヤクルト戦で史上23人目となる通算200勝を達成します
200勝という記録も大変な記録ですが、工藤はこの200勝はいろんな華を添えての200勝となりました
・広島の北別府学以来12年ぶりの快挙であり、21世紀では初の200勝投手
・41歳3ヶ月という当時では最年長であり、40代としては史上初(後に山本昌が更新)
・23年目にして初めて放った自らの本塁打が勝利打点となる(プロ入り後最も遅い記録)
年齢という面ではいずれ更新されるかもしれませんが、節目の記録にここまで華を添える選手は今後まず現われないでしょう

【その他の珍記録】
・ひとつの背番号を最も長く背負い続けた選手(26年)
・同じバッターに2度ノーヒットノーランを阻止されている(鈴木貴久)
・DH制のないセ・リーグにて、84打席連続無安打というセ・リーグ記録を樹立
・通算200勝という成績を上げていながら、シーズン20勝を達成したことも最多勝を獲得したこともない
・現存する12チーム+消滅した近鉄から勝ち星を挙げ、唯一の「13チームからの勝利」記録を持つ
・2009年に適用された「15秒ルール」にはじめて引っかかった

と、こんなもんでしょうか?
前線を退いた工藤は、これからどうなるのか、そんな彼の動向を見届けるのもまた一興



工藤公康 -Wikipedia-

こんな漫画はいかが?part27

ホークス日本一記念におひとつ

howks_kids.jpg
ホークスキッズ

松中(一番下)の存在感がヤベェ
他の4人は、「えっと、誰だっけ?」と一瞬思ってしまったのに、松中だけは「あー、コレは間違いなく松中だわ」と秒でわかりました

話の内容は、ソフトバンク小学校というなんか無理矢理なネーミングの小学校を舞台に、ホークスの選手全員が小学生になっちゃった感じの世界観です
それぞれの選手が抱える苦悩(といっても、小学生並ですが)を、駄菓子屋の親父・通称ファンマスが相談に乗ってあげて、アドバイスの後にコーヒー牛乳をプレゼントし、それを飲んだ選手たちが一皮むけていくという感じですね
そのコーヒー牛乳、ドラッグでも入ってんのか?

ちなみにこの漫画、壱原は割と最近に知ったんですが、けっこう前から連載してるみたいです
だって
oh_tori.jpg
大道がまだホークスにいて、鳥越だって現役ですもん
他にも、ケガする前の斉藤、メジャー行く前の城島、今年引退を発表した柴原など、ホークスファンなら思わず反応してしまうような名前ばっかです

ホークスファンならば、ちょろっと読んでみてはいかがでしょうか?
まぁファンならきっと既読でしょうけど

ヒャッハー!!歓喜だァー!!

ホークス優勝キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!!

※ちなみに、ファルケンボーグが降臨した時点で勝ちを確信したので、実はその時からこの記事書いてました(爆)
 井端の打球がファルケンの右肘に直撃した時はさすがにヒヤッとしましたけど
 そして試合終了と同時にアップしたので、たぶん日本で10本指に入るくらい速い速報だと思います、なんちゃって

交流戦というシステムが導入されて史上初の全チームに勝ち越しての完全優勝です
今年のホークスの強さは圧倒的でしたからねぇ
摂津の先発転向の成功、横浜から移籍した内川の活躍、松田や本多の大躍進などなど、挙げ出したらキリがないです

ん?
ところで壱原は広島ファンになったんじゃないのかって?
まぁそう言われればそうなんですけど、広島はセ・リーグの中でのファンであって、パ・リーグの中でのファンはホークスです
1つのチームに絞れないのはどうかと思われるかもしれませんが、自分の応援しているチーム同士が日本シリーズで対決してくれるんじゃないか?と思いながら応援するのもいいもんですよ

え?
「優勝したからホークスファン」と名乗ったんじゃないかって?
いやいや、それはないです
だって、去年ドラゴンズが優勝した時は何も記事書かなかったでしょ?
そういうことです
まぁ、さすがに今年のポストシーズンの谷繁の成績には同情しましたけど(43打数0安打)

いやー、嬉しいなぁー
来年は広島にも頑張ってもらいたいですね

みんな考えることは同じ

さて、まずはこのカードを見てもらいましょう
あ、今日はボカロじゃなくてMTGです

Relentless Rats
Relentless Rats / 執拗なネズミ (1)(黒)(黒)
クリーチャー — ネズミ(Rat)
執拗なネズミは、戦場に出ている他の《執拗なネズミ/Relentless Rats》という名前のクリーチャー1体につき、+1/+1の修整を受ける。
1つのデッキに《執拗なネズミ/Relentless Rats》という名前のカードを望む枚数だけいれることができる。
2/2


「同じ名前のカードはデッキに4枚まで」という、ほぼすべてのカードゲームに適用されているであろうルールをぶっ壊してくれるこのカード
このカードを一目見たプレイヤーは、まず間違いなく「執拗なネズミデッキ」を考えるでしょう
で、今日のお題は「執拗なネズミデッキ」を壱原も考察してみようという感じです
あ、誰だ今バカっつったやつ?
なめんなよ?MTG界に存在するいわゆる「地雷デッキ」を考察したのはほとんどが日本人なんだぜ?

では考察していきましょう

【土地】
沼×20
【クリーチャー】
執拗なネズミ×40

あれ、終わっちゃった?

神経が削られる思いですたい

がんばりました

perfect02.jpeg

番凩…歌詞聴くまで「ばんたこ」と読んでました
 BPMの変動や間奏の発狂地帯を加味すると、明らかに★9に行くべき
カラフル×セクシィ…嫌がらせか、この譜面!?配置が嫌らしすぎる
 でも難しさ的には「番凩」とそこまで変わらない気がします、つまり「番凩」は★9に(ry
パラジクロロベンゼン…好きな曲なので頑張りました
 実は一回フルコンしたんですが、FINEが140くらいあったのでやり直し、しかし結局100台に

よっしゃ、もう一発いきますか

perfect03.jpeg

いろは唄…歌詞がエロいッ!!
 是非ともリンにこの歌詞にあるような行為をうわなにをするやめくぁwせdrftgyふじこlp
ローリンガール…某動画サイトの影響で、最初「ローリンダーク」と変換してしまいました、テヘッ
 なんか異常に難しかった気がします、なんでこれが★8なんだよ?
えれくとりっく・えんじぇぅ…そしてなんでこれも★8なんだよ!?
 何の問題もなくフルコン、どう見ても★7です、本当にありがとうございました


いやー、楽しいなぁ
楽しすぎて、近眼が悪化しちゃったよ
でもまだまだ自重はしません、なぜなら楽しいから

どちらかというとミクよりもリン派です

ゲットしました、ウェーイ♪

p_d_ex.jpg
初音ミク Prject DIVA extend

このシリーズは初代からやってるんですが、壱原はもともとそんなに初音ミクは好きじゃなかったんですよ
「みっくみくにされてたまるかー」と謎の見栄を張っていましたが、音ゲーとなれば話は別、ということで購入してしまったのが運のツキ(?)か、見事にみっくみくにされてしまいました

いやー、今回はなかなか素晴らしい曲がそろってますね
前回はDLCだった「えれくとりっく・えんじぇぅ」や「初音ミクの消失」が収録されてたり
個人的に好きな「結んで開いて羅刹と骸」や「パラジクロロベンゼン」が収録されてたり

で、現在の戦果は
perfect01.jpg
こんなもんですね

ちょっと「裏表ラバーズ」のFINEが多いので、減らしていきたいですね
そして現在、「パラジクロロベンゼン」をフルコンするため、2日くらい粘り中
プロフィール

壱原ヨーキ

Author:壱原ヨーキ
ポケモン、野球、MTGを愛するヒマ人
一応社会人だけど、全くらしくないでござる

好きな漫画(作家名敬称略)
・藍より青し(文月晃)
・足洗邸の住人達。(みなぎ得一)
・かりん(影崎由那)
・ジゼル・アラン(笠井スイ)
・CYNTHIA THE MISSION(高遠るい)
・断裁分離のクライムエッジ(緋鍵龍彦)
・鉄鍋のジャン!(西条真二)
・とらドラ!(竹宮ゆゆこ)
・宮原るり氏の作品全部

好きなプロ野球選手(敬称略)
池山隆寛、大道典嘉、木村拓也、工藤公康、津田恒美、初芝清、藤井将雄、前田智徳

リンク
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
プロ野球順位表ブログパーツ
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表