FC2ブログ

楽しみに予想

さて、明日からプロ野球が開幕しますが、今シーズンのセ・パ両リーグの順位を個人的に予想してみました

まずはセ・リーグ
1位…巨人
2位…広島
3位…ヤクルト
4位…中日
5位…DeNA
6位…阪神

1位は巨人、杉内とホールトンがどこまでセの環境に馴染めるかにもよりますが、まぁ普通に考えたらあのメンツで勝てないことはないでしょう
2位は広島、残り4球団と比べると手痛い戦力喪失が無く(嶋の放出はビックリしましたが)、栗原の残留による選手たちのモチベーションも高まってると思うので、そのままの勢いでいけばけして不可能じゃないハズ
3位はヤクルトで4位は中日、ヤクルトは青木、中日はチェンという手痛い戦力喪失があるので、この2チームがAクラス争いをすることになりそうな気がしますが、高木監督の采配力を見るとヤクルトがやや優位かと
5位はDeNA、全12球団の中で最もモチベーションが上がったチームでしょうけど、さすがに1年目からいいところは難しいと思うので…とはいえ、これほどのモチベーションがあれば最下位はないでしょう
というワケで残った阪神が6位、去年と比べると戦力に大きな差はないものの、大活躍してるのに高年棒を貰えない生え抜きがさすがにイラついてると思うので、そろそろ今年あたりで何かが崩壊するんじゃないかと…その結果の最下位

そしてパ・リーグ
1位…ソフトバンク
2位…ライオンズ
3位…楽天
4位…オリックス
5位…日ハム
6位…ロッテ

ちょっとパ・リーグのほうは予想するのがすごい難しいので、説明は省略
でもこんな感じになるんじゃないでしょうか?

さーて、明日の開幕を楽しみに待ちますかー
マエケンがんばってくれよー!
スポンサーサイト



アウトローな型々

「型々」は誤字じゃないですよー
今日の記事はポケモンなんですよー

いやー、ブラック・ホワイト2の発売発表からテンション上がりっぱなしで、4世代で育てておけるポケをどんどん育ててます
今回は、ちょっとアウトローな型で
俗に言う「変態型」的な感じですけど、ちょっと違う感じですかね?

gura_abu_tori.jpg

上から

わんぱくHB極振りグランブル、個体値は31・26・31・8・29・31と、特防もかなりあるので満足
威嚇で物理アタッカーの交代を誘発し、交代先に怒りの前歯、気合パンチ、噛み砕く、電磁波を当てる感じです
コイツが活躍できるかどうかは、これから実戦で試してみたいところです

せっかちCS極振りアブソル、個体値は31・26・11・31・29・31と、何気に攻撃と特防がグランブルと同じ
防御が絶望的ですが、あえての特性プレッシャーによるカウンター持ちの可能性をチラつかせることができるので、これもアリです
こんなアブソルの役割は、ずばりドラゴンキラー、詳しくはネタポケwikiの「ドラゴン狩り型」を見てください
あの型を投稿したのは俺です

れいせいHC極振りトリデプス、個体値は31・2・3031・26・と、まさしく防御してナンボな個体値に
2Vですが、すばやさ0固定で粘ったので、実質3Vみたいなもんだと思ってください(防御もUあるしね)
なんかコイツの特殊アタッカー型が結構使えるらしいということで、じゃあ俺も作ってみようとしてできたのがコレ
いくら特殊アタッカーとはいえ、なにも攻撃をここまで下げなくてもいいんじゃないかというくらい洗練された数値です
ウルガモスに対する役割破壊のエッジを超低乱数で耐えられるくらいです

今回はこれくらいで
そして、まだまだソウルシルバーは現役でガンガンいきますぜー

まだ売ってるんだなぁ

nerune01.jpg
ねるねるねるねは、ヒッヒッヒ

nerune02.jpg
ねればねるほど色が変わって、こうやってつけて…

うまいっ!!

terettere.jpg
/テーテッテテー♪\

うーん、やっぱ違和感ねぇや
懐かしくてスーパーを渡り歩いてこのお菓子を見つけてきたんですけど、このお菓子って昔から100円くらいしましたっけ?
正直なところ、色が変わるという楽しみが薄れた大人としては、100円でこの量は完全にボッタクリですよね

やりやがった

俺は今まであえてツッコミを入れなかった
あ、プリキュアのお話ね?

「伝説の戦士」プリキュアが何で同じ学校の同じクラスにキレイに5人揃ってるのかとか
画面分割してまで変身シーンを短縮してるのにそれよりも早く戦闘不能になるなよとか


最初にも言いましたが、今回はじめてこのシリーズをじっくり腰を据えて観ることにしてみたものの、やっぱりこういうチビッ子向けのアニメって冷静になって観てみたらツッコミ所満載なんですよね
まぁ「幼年向け」ゆえのご都合主義ではあるんでしょうけど
しかしですな、

terettere.jpg
今の子供は絶対コレの元ネタ知らんだろ

元ネタはあえて語りますまい
粉と水を混ぜるだけでできる今となっては何故あんなものを嬉々として食べていたのか少し疑問に思うほど毒々しい色をしたアノお菓子です
あの毒々しいお菓子ってまだあるんでしょうかね?
そもそも、子供ウケするようなお菓子って、大抵奇をてらったようなカラーリングしてますからねぇ
ハタから見ればもう毒にしか見えない色してんのに

dokudoku.jpg
そうそう、こんな感じ

あれ?
話がプリキュアから毒色お菓子の思ひ出に変わっちゃってるけど、まぁいいや

いーい眺めだった

それにしてもなんだったんだ今日の天気は?
やたら強風が吹いてたせいか雲の流れが異常に速く、日が照って汗ばむくらいの気温になったかと思えば、完全に遮断されて今度は寒くなったり、カンカンに照ってるのに雨がザーザー降ったり、おそろしくどんよりしてるのに雨が全く降らなかったり
ともかく、ヘンな気候でした

「なんやねんこりゃあ!!」とちょいと業を煮やしてたんですが…
rainbow.jpg
この虹を見て多少癒されました

いやー、自然の虹なんて見たの何年振りだろう?

こんな漫画はいかが?part33

そういえば、コミックRyuってどうなったんでしょ?
まぁいいや

nekomusume.jpg
ねこむすめ道草日記

Ryu創刊当初から、期待の精鋭として活躍するいけ先生
Ryu最初のアニメ化は、コレか「青空にとおく酒浸り」だと思ったのに、「大正野球娘。」がさっそうとさらっていきましたね

話の内容は、どストレートにタイトル通り、猫娘の黒菜(くろな)たちのおりなすほどよくドタバタしたコメディです
よつばと!ケモノバージョンといったところでしょうか?
他にも、カッパ、烏天狗、雪女、垢舐め、女郎蜘蛛などなど、妖怪スキーな壱原としてはなかなか堪らん作品です
そしてほどよい健康的エロスケモナー歓喜なキャラデザ
まさに1粒で2度も3度もおいしいとはこのことか
オイラ別にケモナーじゃなかったんだけど、この作品のせいでそういった性癖に目覚めそうだよ

そんなこの作品、もはやいつアニメ化してもおかしくないのに…

タチの悪い花粉

相変わらず花粉に苦しんでます
「こんにゃろ!こんにゃろ!!」と憤ったところで相手は目にも見えない花粉なので、なんだかやるせなくなります

それに、どういうワケか今年の花粉は症状が遅れて出てくるんですよ
昨日、うっかりマスクを持っていくのを忘れてしまい、「やっべー、今日は辛くなるぞ」なんて思ってたんですが、何の症状もなく過ぎ去りました
ラッキーと思いながら次の日、つまり今日になったら、まるでトリモチのように粘っこく鼻腔に滞留するハナミズにオイオイ泣かされ、あきらめてふて寝しようと思ったらさっきまでの粘っこさが嘘のようにサラッサラのハナミズが垂れてくるんです

ええい!!何なんだよハナミズ、お前ってやつは!?
なんだ、新手のツンデレか!?
「あ、あんたが苦しそうで哀れだから垂れてあげるんだからねッ!」なんて言われても、相手がハナミズじゃ嬉しくねーよ!

まったく、花粉症のハナミズってやつぁ、現実のツンデレと同じくらい厄介だ(どんな例えだ)

⇒驚愕する

うーん、どこから説明したらいいものか
今日の事件を書くには壱原の職業を晒さなきゃならないかもなんだけど、「自身のブログやHPで『仕事に対することは書くな』」というのは、DQN以外には社会的な一般常識だし
いや、別にやましい仕事じゃないんですよ
普通に「お仕事は何をしてらっしゃるんですか?」と聞かれたら、「はい、○○をやってます」と堂々と答えることだってできます

というワケで、壱原が仕事をするにあたって使用しているモノでも挙げましょうか
それは「バイク」です

それでは、ここからが本題
停めてあったバイクに車が突っ込んできてオジャンになってしまいました
バイクを停めて→用事を済ませて→さぁ戻ろう、とした矢先、耳をつんざくブレーキ音が聞こえてきて、「むむっ!?なにごと!?」と振り向いたら、軽自動車がすごいスリップしながら猛スピードで突っ込んでくるじゃあーりませんか!?
「ぎょわーっ!!た、退避だー!!」と、後ろへ飛び退くと同時に、それはそれは形容しがたいようなとんでもない衝撃音が壱原の相棒(バイク)を襲いました
まさに間一髪、壱原と車との距離は50cmもなかったといえば大げさですが、バイクにまたがろうと手を伸ばしかけた寸前だったので1mなかったのは確実です
もし、あと数秒早くバイクにまたがっていたと思うと…ぞわーっ
しかし軽自動車の人も、車の両サイドを壁&ガードレール&バイクにぶつけ、ドアなんて自力で内側から開けるのが不可能なほど破損していたにも関わらず全くの無傷だったのも驚きです
壱原ともども、悪運が強かったとしか言えません

あんまり詳しく述べるのもどうかと思うので「ぶつけられた」という事実だけに留めておきますが、道路でない箇所に完全に停車させていたので100%相手の過失です
その相手も、「そんな場所に停めとくんが悪いんじゃゴルァー!!」と逆ギレするようなDQNでもなく、その「そんな場所」も普段なら絶対に車が入るような場所じゃないので終始低姿勢でした
相手の過失でも低姿勢だったら安心しちゃうし許しちゃう、反論なんてできないわ、そんな小市民な壱原でした

とはいえ、どっと疲れたのも事実
バイクは壱原の勤めている職場のものなので、壱原の懐には何のダメージもないワケですが、もしあと数秒ズレていたら天に召されていたかもしれないと思うとホントおっそろしいです
現に、事故直後は心臓バックンバックン鳴ってましたからね
今日はさっさと寝まーす

世代を超えて愛されるお方?

今日ね、近所のチビッコ(小3くらいかな?)がね、道端でサッカーしてたんですよ
まぁそれそのものは別に珍しい光景でもないでしょう
しかしエキサイトしすぎて、ボールが見知らぬ家に飛び込んでしまった時にとったチビッコどものリアクションに思わず笑ってしまいました

子A「うおりゃぁあ!!」 ドカッ!
子B「あ!どっかの家入ってったぞ!?」
子C「タラリ~ン♪鼻から牛乳~♪」

…どこでその歌詞を聴いたんだチビッコよ?


このフレーズ、小学生以下でなければ誰もが一度は耳にしたことがあるフレーズだと思います
嘉門達夫の迷曲、「鼻から牛乳」のメインフレーズです
これね、ちょっと気になって調べてみたんですが、ちょうど20年前の曲らしいです
壱原が小防だった頃も「誰の歌かは知らないけど、面白いフレーズだ」という感じで、特に意味もなく「タラリ~ン、鼻から牛乳~♪」と口ずさんでは走り回り、給食の時間でムリヤリ他人を笑わせて「あー、コイツ『鼻から牛乳~♪』やっとる、ダッセー」とあざ笑ったりしてました(うーん、今思えばヒドイ仕打ちだ)

そんなフレーズが、20年たった今でもチビッコ達に愛用されてるのは、なんだか感慨深いものがあるね

比較対象が違うだろうけど

ところで、前からちょくちょくボヤいてますが、壱原はライトノベルというものは滅多に読みません
いっぽう、普通の小説やエッセイなんかは、頻繁ではないですけどちょくちょく読みます
例えば、目の前に初見の「萌えキャラの描かれたラノベ」「質素なデザインの小説」が並べられていれば、前者は挿絵だけ見てサヨウナラ、そして後者は最初からじっくり読みます
ほ…本当だからねッ!!

特に、高校時代から愛読しているのがこれら
haramune.jpg
新潮社文庫から出てる原田宗典のエッセイ

かれこれ20年近く前の作品なんですが、今でもついつい吹き出してしまう面白さ
なんでも、ひと昔前は「電車の中で本を読みながら吹き出している人の大半は原田の読者である」とさえ言われていたそうで
それほどまでに、原田センセーのエッセイは面白いです
ライトノベルが普及している今の時代なら、活字アレルギーの人はあんまりいないと思われるので、文句言う暇があるんなら読め!と言いたい作家です
「エッセイなんて、ウケ狙いで下品で嫌だわー」なんて言わずにどうか
ライトノベルだってウケ狙いで下品でしょうに

特に「東京トホホ本舗」の「サボる場合のテクニック」というエピソードには、現在もうええっちゅうねん!というほどいるラノベ作家にとって見習うべき表現があります
それがコレ↓
「鼻糞でもほじほじしながら天井の蛍光灯のカバーの内側で死んでいる羽虫の影でも眺め、爪のアカを取ったり、二時のワイドショーを見て『バーカ』とか言ったり、ヘソを掻いたり…」
と、実に人間らしさあふれる表現です

賭けてもいい
ぶっちゃけ、今のラノベ作家でここまで人間らしい表現をできる作家は皆無であると
それを、この文庫が発売された当時31歳だった駆け出しの小説家がしちゃうもんだから、もう驚きです
比較対象が違う気がしますけど、あくまで「活字で表現する」という以上は同じ土俵でしょう

うーむ、ラノベ作家から挿絵を没収したらどこまで没落するのか気になるもんだ
プロフィール

壱原ヨーキ

Author:壱原ヨーキ
ポケモン、野球、MTGを愛するヒマ人
一応社会人だけど、全くらしくないでござる

好きな漫画(作家名敬称略)
・藍より青し(文月晃)
・足洗邸の住人達。(みなぎ得一)
・かりん(影崎由那)
・ジゼル・アラン(笠井スイ)
・CYNTHIA THE MISSION(高遠るい)
・断裁分離のクライムエッジ(緋鍵龍彦)
・鉄鍋のジャン!(西条真二)
・とらドラ!(竹宮ゆゆこ)
・宮原るり氏の作品全部

好きなプロ野球選手(敬称略)
池山隆寛、大道典嘉、木村拓也、工藤公康、津田恒美、初芝清、藤井将雄、前田智徳

リンク
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
プロ野球順位表ブログパーツ
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表