FC2ブログ

打線組んでみちゃった

今年も残すところあとわずか
というワケで、今年発売された個人的おすすめコミックスで打線組んだ
一度やってみたかったんですよね、打線組んでみたシリーズ

1番 セカンド Amaryllis 福島鉄平/集英社
2番 ショート Swimming 福島鉄平/集英社
3番 センター 恋愛ラボ 宮原るり/芳文社
4番 レフト アルテ 大久保圭/徳間書店
5番 サード おじょじょじょ クール教信者/竹書房
6番 ファースト わさんぼん 佐藤両々/芳文社
7番 ライト ヒトミ先生の保健室 鮭夫/徳間書店
8番 キャッチャー 徒然チルドレン 若林稔弥/講談社
9番 ピッチャー Spotted Flower 木尾士目/白泉社


こんなもんでしょうか
1、2番の福島鉄平コンビから大正義・恋愛ラボに繋ぎ、期待の大砲・アルテからおじょじょじょわさんぼんへと繋がる強力打線、下位打線には将来のスラッガー候補・ヒトミ先生徒然チルドレンを配置し、エースは我らがげんしけんの後継者とも名高い(ぇ)Spotted Flower、どやぁ!

うーん、勢いで作ってみたけど、思いのほか難しいなコレ
よくある「○○で打線組んでみた」って結構思考を巡らせたもんだったんだなぁ

まぁ何が言いたいかというと、少なくとも壱原はこれらの漫画をガチおすすめってことです
スポンサーサイト



燃え盛る猿と亀

ようやく理想個体の♂が産まれてくれたんだぜ
goukazaru.jpg

さすがに御三家なら♂が産まれてくれるだろう、と狙って厳選した
しかし育てたのは、今やバシャーモとの立場がすっかり逆転してしまったゴウカザルという
ほ、ほら、ゴウカザルは素の状態でバシャーモより速いから(震え声
個体値は303130313131のめざ氷理想値、文字&草結び&めざ氷の特殊メインで、役割破壊にインファ、というなんか今更なゴウカザル
それでも、コイツ1匹でサザンガルドやラグカイロス等の受け回しを突破できる芽が産まれたり、メガマンダ、メガラグあたりも見れるのは便利…だと思う

で、引き続き
kotasu.jpg

ファイアローを止めれるやつが欲しいなー、と思って何故か育てちゃったコータス
5VS0のこれまた理想個体だけど、やっぱり♀になっちゃった
なんなんだこのパターン…
とりあえず食べ残し持たせたけど、鈍いもド忘れも眠るも覚えてないタダの物理流し型だから、ゴツメかオボンのほうがよかったかな

そういや、まだORASでの新メガシンカ勢をあまり試してないなぁ
ぼちぼち試してみたいのに、なにせ年末は他にもやることいっぱいあるからねぇ

初代雑用係

今度は、初代雑用係ことピジョットを育てたよ!

megapijo.jpg

理想個体が産まれたー、と思ったら毎度毎度♀ばっかりですわ
メガピジョットとかすげーイケメンになったから♂がいいかなーと思ったのに
それが♀だったら、うーんちょっとなぁー、でもまためざパ含めた厳選するのめんどくさいしなー、これでいいや→完成
ちなみに、めざパは地面です

そんなメガピジョットさん、必中ぼうふう+ねっぷうという個性をゲットしたものの、イマイチ流行ってない模様
いくら素早さが121あっても、やっぱり確定先制のファイアローの壁は厚い…つーかそのファイアローに素早さでも負けてるんだよな
もうこうなったら、タイプ一致必中 は か い こ う せ ん で頑張るしかないのか?

エノの かみなり! こうかは ばつぐんだ!

相変わらず減る気配のない漫画たち

201412comics3.jpg

まんがタイムスペシャル 2月号
さび抜きカノジョ
くまみこ 3巻
げんしけん二代目 17巻
ゴールデンタイム 7巻


それにしても、クール教信者センセーってば、気づいたら新作発表してるんだけど、どんだけ連載抱えてるんだろうこの人?

あと、ゴールデンタイム
こっちのほうが連載スタート遅かったハズなのに、もうコミック版とらドラ!の巻数を追い抜いてしまった件
絶叫センセー!もっとやる気出してくだサイヤ!!

さてさて、やってきました、今月の恋愛ラボ語り
ではさっそくいきませう

南中と藤女との合同文化祭の為に、二度目の打ち合わせをする両者
それぞれが作業を進めているうちに、エノとハル会長がふたりきりに
なにやら元気のないハル会長から話を聞くと、自分の失敗でヤンたち生徒会メンバーに迷惑をかけている現状に自己嫌悪を感じ、後にヤンのフォローで持ち直しても、何もしていない自分と尽力してくれた生徒会メンバーの評価が同時に上がるという状況に不甲斐なさも感じるとのこと
その自己犠牲の精神、自己評価の低さ、ハル会長にはハル会長の武器があるのにそれを活かさず、周りへの申し訳なさから遠慮して何も意見しようとしない…
と、そうしていつまでもウジウジしているハル会長に対し、ついにエノがキレる

harueno.jpg
ああ、エノが初期の頃のキャラに戻っとるw
エノってば、案外尻に敷くタイプ?
エノの尻に敷かれるのなら、俺ァいつだって大歓迎だけどな!!

エノの叱咤に目を覚ましたハル会長
思い過ごしじゃなけりゃいいが、Mに目覚めたりはしてないよな?
一方、「うわぁあああん やっちゃったぁあ~」とハル会長にかわって今度はエノが自己嫌悪に

ん~、これぞまさに恋愛ラボの黄金パターンですね~
凹んでいるキャラが元気を取り戻したら、逆に取り戻させた側のキャラが凹む、という流れが実にナチュラル

次回、ついにハル会長は覚醒するのか?
覚醒したところで、魔王・ヤンに対して勝ち目はあるのか!?(ぇ

こんな漫画はいかが?part52

昨日に引き続き、福島鉄平ワールドへいざぁ…

swimming.jpg
福島鉄平短編集 Swimming

こちらはミラクルジャンプでの短期連載とは違い、サムライうさぎが打ち切られた後にジャンプ系列のいろんな雑誌に掲載された短編をまとめたものです
この表紙イラストの時点で福島センセー独特のあたたかさというモノがにじみ出てますね

というワケで、こちらの収録作品は

swim01.jpg
「男子ってアホね」とか「女子ウゼー」など、多感なお年頃の少年少女たち
中学一年生の主人公・一ノ瀬タロウもそんな男子のひとりだったが、ある日町の伝統的な祭りの主役に抜擢される
その祭りは、雪でつくった鬼の像を男女一組で壊すという一風変わった祭りだが、それよりもタロウは女子と一緒になにかすること自体がイヤだった
それなのに、タロウと一緒にその役をやりたいという少女・桃園アンネが現れて…
あんねちゃんたろう


swim02.jpg
同じクラスの中学三年生で、同じバスに乗って、同じスイミングスクールに通う、ただそれだけ
特にこれといった会話もすることのない千葉オサム有川マドカのお話
クラスとスイミングスクールが一緒ということ以外は自分とは何の関わりもないだろう、そしておそらく有川さんも同じことを考えているだろう、と思うオサム君視点のショートストーリー
表題作の月・水・金はスイミング


swim03.jpg
中学二年生にもなって「気」の存在を信じ、その気になればかめはめ波でも出せるんじゃないか?と信じて疑わないちょっとアレな男子・亀田ヒロムくん
そんなカメダくんに、おっぱい大きくてちょっとハデめのけっこう人気者女子・会津マナミさんから、「つきあってほしい」と告白の電話が
よく考えもせずに「おっぱいでっかい」との理由でいいよと二つ返事をしてしまったカメダくんだが、そもそも「つきあう」ってなんなんだろうか?
反省してカメダくん


swim04.jpg
細く切り立った崖の上にあり、村を出入りするための移動手段がトロッコしかないというド田舎、シッタカ村
そんな村に住むお年頃の少女・マギルは、一度は村の外に出てみたいと思い、たくさんの書物を読み漁るも、知れば知るほど外の世界が怖くなってしまった
そして本で知った知識を村のみんなに吹聴するも、徐々に「つまんない事ばっか言うヤツ」とレッテルを貼られ、村のみんなから嫌われてしまうが、そんなマギルに躊躇することなく歩み寄る街の人気者で朗らかな少年・ジャンルーカ
そんな対照的な二人の物語、きらわれもののマギル


swim05.jpg
卒業式を終えたマドカさん、早く帰って読みかけの推理小説の続きを読もうと思っていたら、クラスのみんなと近くの河原でお別れ会をしようとお誘いが
「お菓子とジュースもあるよ」との誘惑に釣られて参加したはいいものの、イマイチ人付き合いが苦手なのでどうしようどうしようとウロウロしているうちに、また読みかけの推理小説の続きが気になり始めてしまって…
月・水・金はスイミングの少し後の話を、マドカさん視点で描いた描き下ろしストーリー
マドカさんは知らない


以上、5編が収録されてます
コチラはAmaryllisと比べるとコミカルな話がメインとなっています
さて、この後に言うコトはもうおわかりですね、超オススメです
昨日今日と続いて10編のストーリーを紹介しましたが、壱原のオススメストーリーは「私と小百合」、そして「反省してカメダくん」の2編ですね

「私と小百合」の方は、サムライうさぎを彷彿とさせるまさに古き良き日本、といった趣の大正ロマンであり、福島センセーも「自分が描いたキャラの中で一番カワイイのではないか」と自画自賛するほどの魅力的なキャラクターが見所です

「反省してカメダくん」は、「つきあう」という哲学(ぇ に対して、まさしく福島センセーらしい解釈を魅せてくれました
そして、おそらくカメダくんの友人であろう第三者のナレーション
kamedakun.jpg
 ※ナレーション=こういう四角で囲ってあるヤツね
そのナレーションを物語の進行役や状況説明役として一切使用せず、あくまで登場人物の一部として扱うという斬新な構成はもう目からウロコもんでした
割とガチな話、「反省してカメダくん」はマジで必見モノです

こんな漫画はいかが?part51

さて、前回の記事で福島鉄平短編集をゲットしてヒャッハーしてましたね
そのタイミングで漫画を紹介しよう、ということは、もうおわかりですね

amaryllis_20141221213845a2c.jpg
福島鉄平短編集 Amaryllis

というワケで、ようやくサムライうさぎ以外の福島鉄平ワールドをオススメできる時がきましたよ
これでもし短編集が発売されてなかったとしたら、福島センセーの読切が掲載されてる本誌のバックナンバーを探し求めるハメになったかもしれませんよ
こうして無事に短編集としてまとまってくれたことだし、さっそく紹介していきませうか!

収録作品は

ama01.jpg
主人公・ジャン=レクレール(左)は母親に借金のカタとしてわるい人たちに売られてしまう
その売られた先は、少年に女の子の格好をさせて恥ずかしがるのを見て楽しむというHENTAIなお店・アマリリス
 ※あくまでそういう嗜好の店なので、けして「男の娘」というワケではない
どんどんヨゴレになっちまって学校に行く気力も湧かないジャンにも、ポール=マッセ(右)という新しい友人ができるが…
表題作であり問題作アマリリス


ama02.jpg
料理人の兄・ハオランと、武術家を目指す弟・ハオユウ
ハオランは無愛想で感情を表に出すことは少ないが、それでも泣き虫なハオユウのことは弟として大事に思ってます
一方のハオユウは、自分が未熟なのをよく知ってるがゆえに、よくできた兄になんとなく遠慮するようになってしまい、徐々に2人の距離感が微妙な感じになっていきます
そんな2人の不器用な兄弟愛を描いたイーサン飯店の兄弟は今日も仲良し


ama03.jpg
赤ん坊の頃、山に捨てられた子供・カムリと、それを拾った山の妖怪?・ヤマウバ様
ふもとの人間からは恐れられても、カムリにとっては頼りがいのある親ともいえる存在のヤマウバ様
ヤマウバ様もカムリを実の子供のように育て、お互いこれからも親子として仲良く過ごしていくつもりが、ある日山に異変が起きる
ハルよ来い


ama04.jpg
傲慢貴族の娘であるルチア・オンゾーネ(左)は、ある日を境に傲慢すぎた父親に対する民衆の暴動から逃れさせるために孤児院へと入居することに
しかし親譲りの傲慢さからか、孤児院の住人たちともソリが合わずにほとんど孤立状態の問題児になってしまう
そんな彼女に対して唯一歩み寄る風変わりな少女・ベッラ(右)の意図は?
ルチア・オンゾーネ、待つ


ama05.jpg
剣道、柔道、弓道と、様々な武道を嗜む巨漢・板東 大介(ばんどう だいすけ)
悪人ではないものの、ややオラオラ気質で近付きがたい彼のもとに突如姿を現した謎の美少女・小百合(さゆり)に、大介は一目惚れしてしまう
そのあまりの可憐さに大介の大きな躰は萎縮していく一方で、小百合はいつも姿を見せるものの、歩み寄るでもなく、離れるでもない、あくまで姿を見せるだけ
果たして小百合の目的と大介の恋煩いの行方は?
私と小百合


以上、5編+アマリリスのエピローグが収録されてます
同時発売のSwimmingと比べると、ややアダルト寄りな内容となっております(エロいとかじゃなくて話の内容的に子供向けじゃない)
さて、こんだけしつこく紹介した以上、当然ながら超オススメです
「買わずに後悔するよりも買って後悔しろ」なんてスラングもありますが、これは買って後悔することなんてアリエナイ出来です
是非ともご一読を
明日はもう1冊のSwimmingを紹介予定ですので、乞うご期待(…してる人いんのかなぁ?)

なお、今回の紹介記事にて一部フェイクを織り交ぜてみました
フェイクなんて仕掛けたことないからバレてんのかバレてないのかはわかりませんが、ネタばらしは単行本にて

待ったぜェ…

うーん、まーた漫画いっぱい買っちゃった
しかし、今回は買わずにはいられないアノ漫画がついに発売されたからね

201412comic3.jpg
ホントによォ…6年待ったぜ、この時を!!

さぁさぁ、寄ってらっしゃい見てらっしゃい、今回買ってきましたはッ!
福島鉄平短編集 Amaryllis
福島鉄平短編集 Swimming
ねこむすめ道草日記 12巻
死にたくなるしょうもない日々が死にたくなるくらいしょうもなくて死ぬほど死にたくない日々 1巻
球場ラヴァーズ ~だって野球が好きじゃけん~ 3巻(完)
ハルタ 20号
画楽.mag 5号


いやー、福島鉄平短編集、まさかの2冊同時発売ですよッシャオラァ!!
集英社がそんな大それたことするわきゃーないよな、なーんて思ってたのに、そんな大それたことをやってくれました
集英社さん、見損なってゴメンネ☆(反省の色なし)
まぁアレだ、その…日ごろの行いいやなんでもない


そして、20号突破のハルタ
しかし残念なことに、ジゼル・アランの笠井スイ先生が体調不良でしばらく休載とのこと
もともと若干休載気味な作品でもあったけど、いざストレートに休載すると言われると結構ショックだわこれ…
でも待つよ俺は、いつまでも待つよ、福島鉄平が再度表舞台に出てくるまでに6年も待ったんだし、療養のための休載ならいつまでも待つよ!(露骨な健気アピール)

大熊猫+虎

たまには非メガシンカポケを育てよう

goronda.jpg
確実に強化されてるハズなのに、あんまり見かけないゴロンダ
男気溢れるようきASぶっぱだぜ!(♀だけど)
飛行やフェアリー技があちこちから飛んでくる環境じゃ厳しいよね
ちなみに、メガヤミラミに捨て台詞をすると相手が退場するという素晴らしいネタを提供してくれたパンダさんですが、コイツは型破りなのでその戦法は取れなかったり
鉄拳か肝っ玉なら可能なので、絶対に警戒されるだろうけどいつかはやってみたいもんだ
まさかこんな形でゴロンダが警戒される日が来ようとは…

続いて

rentora.jpg
相変わらず中堅をウロウロしているレントラー
見ての通り、のんきHBぶっぱの物理耐久型
何気に威嚇+つぶらな瞳を両立できる数少ない存在である(他にはムーランドだけ)
覚える技と特性と種族値がいまいちマッチしないせいで、こんな型になっちゃうのは…仕方のない事なんだッ!!
これでも第4世代と比べりゃずいぶん強化されてるし

うーん、厳選が止まらないぜ
やってることはXYの時と同じなのに、止まらないったら止まらないぜ

モッフモフ

最近ポケモンばっかりですね
だってね、上司がまたアホウなこと言い出したせいで残業せざるを得ない状況を作り出しておきながら「残業ダメよ」というパターンが年末のこのクソ忙しい時期に再発しやがったもんで
ネタ考える暇がないんですよ
一応、年末に向けてちょっとした小ネタを温めてはいるんですが、それまでの繋ぎってことで
温めすぎて腐ってないといいけど

そして今回育てたのは

HC_megachiru.jpg

HD_megachiru.jpg

HCアタッカー型メガチルタリスHD耐久型メガチルタリス
性格と特性は当然違うけど、個体値が全く同じなのは本当に偶然だ
メガシンカ後の種族値は、75・110110110・105・80と、発売前に勝手に予想していた種族値とドンピシャリだったので、心の中でガッツポーズしたのは内緒だ

ドラゴン無効のドラゴン、エムリットの上位互換じみたステータス、ペロリームより綿菓子っぽいビジュアル…
メガチルタリスの今後の活躍に乞うご期待(ぇ

メガれ、メガれ

誰を育てるか迷ったら…

megane-ru.jpg

megareido.jpg

とりあえずメガ枠を育ててみようと思ってる今日このごろ

まずはメガハガネール、「お前バカなんじゃねーの?」と言いたくなるほどクッソ高い物理耐久をゲット
おまけに、体重が400キロ→740キロへと大幅に増えたおかげで、おそらく全ポケ中で最も「ヘビーボンバー」をうまく使いこなせるであろうアタッカーへと変貌
考えなしにゆうかん最遅HAぶっぱにしたけど、これでいいんじゃないかなぁ(適当)

続いてメガエルレイド、種族値は68・16595・65・115・110とかなり理想的な上がり方に
とはいえ、やっぱり物理耐久には若干の不安が残るので、耐久補助と110という速さを活かすためにようきHSぶっぱのビルドレインならぬ剣舞ドレイン型に
攻撃は無振りでも補正なしガブリアス並でかつインファイトも持ってるので、Aに必要以上に振る必要も無いような気がしなくは無きにしもあらず、というか、みたいな?(混乱している)

とりあえずメガ枠育てときゃ構築の幅はそれなりに広がるし、しばらくはメガシンカポケモンを育てていきますよ

…ところで誰か、はとむねポッポ持ってないっすかね?
ただの死に特性かと思いきや、メガ枠として使用するのであれば最優先の特性になりえますからね
というか、消去法でコレしかないといった方が正しいのか?
プロフィール

壱原ヨーキ

Author:壱原ヨーキ
ポケモン、野球、MTGを愛するヒマ人
一応社会人だけど、全くらしくないでござる

好きな漫画(作家名敬称略)
・藍より青し(文月晃)
・足洗邸の住人達。(みなぎ得一)
・かりん(影崎由那)
・ジゼル・アラン(笠井スイ)
・CYNTHIA THE MISSION(高遠るい)
・断裁分離のクライムエッジ(緋鍵龍彦)
・鉄鍋のジャン!(西条真二)
・とらドラ!(竹宮ゆゆこ)
・宮原るり氏の作品全部

好きなプロ野球選手(敬称略)
池山隆寛、大道典嘉、木村拓也、工藤公康、津田恒美、初芝清、藤井将雄、前田智徳

リンク
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
プロ野球順位表ブログパーツ
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表